65歳以上の親が20歳以上の子供への生前贈与で納めた贈与税を、その親が亡くなった時に相続税から差し引く、という新制度が出来ました。その非課税枠は 2,500万円となります。この非課税枠は2,500万円に達するまでであれば何回でも使えます。枠を超えた分の贈与は一律20%となり、現行の累進税率 と比べるとかなり贈与税が軽減されます。但し、相続の時は遺産額に過去の贈与された額を足して相続税額を出し、その相続税額から過去に支払った贈与税額を 差し引き、贈与税額の方が多い場合は還付となります。相続税・贈与税の分離型の旧制度も残りますので、どちらを選ぶかは自由です。

税理士法人SETACS