T-FAX書評・音楽評のページ

  • t-fax4

    224. 珈琲とヘンデル

     バロック音楽の大作曲家ヘンデルは食欲旺盛、ビール・珈琲がぶ飲み、タバコも吸い過ぎるという不摂生・不健康のため、35歳の時には相当に肥満していたようです。 それでも何とか生き延びて、56歳の時、名作「メサイヤ」を第一部「 […]

    2017.09.26

  • t-fax4

    41.ブリジストン美術館に行こう

     2015年5月18日から新築工事のため数年間休館するブリヂストン美術館は、その休館前に「ベスト・オブ・ザ・ベスト」と称して、休館日前の5月17日まで美術館が所蔵する有名で価値のある絵を惜しげもなく展示しています。 ピカ […]

    2015.03.03

  • t-fax4

    40.「その女アレックス」を読む 2015年1月号掲載

     最近、歳のせいか海外の本、外国の人の名前がたくさん出てくる本は名前を覚えるのが一苦労なので、出版されてすぐには読まず、すでに評価の高い本しか読まないようにしています。そこで2014年「このミステリーがすごい」の海外部門 […]

    2015.02.06

  • t-fax4

    39. 現代にも通じるトリック  2014年10月号掲載

     神保町の古本屋をふらりとして茶色く変色した探偵小説をちらりと読むと、現代でも通用するようなトリックが描かれていました。 主人がお客にカクテルを振る舞うのですが、そのカクテルが確か「白婦人」(ホワイト・レディ)という名前 […]

    2015.01.19

  • t-fax4

    38.  読書の秋到来  1208号掲載

      読書は、娯楽のための脳を楽しませる本や趣味のための本などを読む分には良いのですが、教養本、ビジネス本を大量に読む人には脳の毒になる可能性があるのでご注意を。  というのも、いわゆる読書家という人たちは大体が […]

    2012.09.10

  • t-fax4

    37. 龍馬伝の最終回に異議あり 2010年12月号掲載

     2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」は、そのストーリーは日本人の良く知るところであるし、龍馬の福山さんや岩崎弥太郎役の香川さんを中心としたキャストもさぞ土佐弁の猛勉強をしただろうなという努力を感じ、とても楽しく見ること […]

    2011.01.07

  • t-fax4

    36 .陶芸家の今井理桂さんに学ぶ  2010.9.30号掲載

    青森に釜を持つ陶芸家の今井さんは世のイメージにある、いわゆる頭の毛ボサボサ、ヒゲ茫々のいわゆる偏屈な陶芸家ではなく、穏やかで実直そうな風貌の持ち主です。 しかしその行動は大胆でいて、目立ちたがり屋のところもあるのか、10 […]

    2010.10.16

  • t-fax4

    35. 最高傑作の本「ミレニアム」 2010.5.31 掲載

    経済には「100年に一度の不況」が5年に一回やってくるとも言われていますが、その伝で行こうとも行かなくても、この本は100年に一冊の傑作と言える でしょう。私が学生時代にむさぼり読んだフレデリック・フォーサイスの「ジャッ […]

    2010.09.10

  • t-fax4

    34. あふれた本と雑誌の整理方法 2009.8.31 掲載

    我家と事務所にあふれる本と雑誌はもはや物理的に片づけることが不可能になり、夜中のちょっとした地震でも翌日には、私のまわりだけは床に落ちた本が散乱しています。  本に埋もれて死ぬのなら本望だろうという人がいますが、もちろん […]

    2010.09.10

  • t-fax4

    33. 「写楽 幻の肉筆画」展に、驚く 2009.7.31 掲載

    両国は江戸東京博物館で、「写楽 幻の肉筆画」をやっています。  これは日本・ギリシャ修好110周年記念特別展で、副題に「ギリシャに眠る日本美術~マノスコレクションより」とあり、ギリシャで発見された写楽の肉筆画を展示されて […]

    2010.09.10

CONTACT

まずはご相談ください

サービスの事・費用の事・経営の事、
どんな事でも相談承っております。